戦後政治、いわゆる55年体制、 その形成過程について 総論的

戦後政治、いわゆる55年体制、 その形成過程について 総論的にまとめた本がありましたら 教えてください。 分かり易い新書などがありましたら 有り難いのですけど。 アマゾンで検索した限り、 そのようなタイトルの新書は見つからなかった。

そういう内容の本は結構多く存在しているとも思いますが、かなり玉石混交なので信頼できる内容の本を探すのが難しいかもしれません。 とりあえず、この本をお勧めしておきます。 北岡伸一自民党―政権党の38年』 (中公文庫) 自民党の政治史を取り扱った本ですが、必然的に社会党との角逐についても語られますし、なにより55年体制というのがどのような必然の下に選択され、どのように運用されてきたのかがよくわかる内容となっています。 それから、55年体制に別の面から光を当てた著作としてこちらもお勧めです。 飯尾潤『日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ』 (中公新書) 日本の政治機構を、政党と官僚との関係性から説明する本です。 戦後の部分は、政権政党自民党だったので、自民党と官僚との

関係性の説明となっています。 サブテキストとしてこちらも参照したほうが、戦後の政治の全体像がつかみやすいのではないかと思います。

画像にあるBEN DAVISのコーチジャケットを探しています。 取り扱っている通販サイトあれば教えてください。

RENOVATIO OFFCIAL WEBSHOP